新聞やテレビのニュースでは「継続審議」といわれてましたが
民主党で決めただけでまだ決定はされてないそうです!


非実在青少年に関しての条例案を推進してる東京都小学校のPTAについて
こういう記事がありました。

都小Pが、東京都の保護者の声を代表していない理由(非実在青少年の条例改正をめぐって)
http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2010/03/post_86fe.html



驚いたことにこの条例案は都のPTAの意見を代表してるものではないのだそうで。
都にお住まいの保護者の方で、この条例案に反対の方はブログ記事のメール・ファックスに
反対表明していただければかなりの力になるのではないかと思います。
(ケンカ腰ではなくなるべく丁寧な文面で…)(^^;)


札幌の高校生の保護者のひとりが平にお願い申し上げます。


なんだかもう…世の中わからなくなってきた…orz
 2010_03_18



『東京都青少年健全育成条例改正』に反対しております。

これには「児童ポルノの規制」といいつつ
漫画・アニメの表現を規制しようという
言論統制にも通じる恐ろしさを感じております。


私自身、子を持つ親として児童ポルノは許せるものではありません。
【実在】する青少年を性の対象として商品にすることは言語道断です。
厳しく取り締まるべきだと思っております。


しかし今回の条例案は
【非実在】の青少年をも取り締まろうとするらしく。

つまり18歳未満に見える漫画上のキャラクターが(取り締まる側の主観でそう見えたらアウト)
性の対象として描いてはいけない
(これも取り締まる側の主観。線引きが曖昧なのでキスでもアウトになる可能性がある)
のだそうです。


…ってことは、今世に出てる漫画のほとんどが抵触しますよ。


東京都の条例といっても、これが通れば東京に集中している出版社が影響を受けるので
地方の漫画家も他人事じゃありません。



そして一番危惧してるのが


表現を規制されて世に出た、いわゆる健全な良作(?)だけを与えられた子供が
果たして健全に育つのか、ということです。


私自身、小学生の頃読んだ『火の鳥』と中学生の頃読んだ『カムイ伝』に
激しく感動し、影響を受けて漫画家の道を目指しました。

性も暴力も激しい表現が含まれますが、多感な時期だからこそ読んで欲しい名作です。



真っ当に働いて納税して生活してる大人として言いますが。

確かに現状では目を覆いたくなるような酷い表現の漫画もあることは認めます。
それでも子供には良いものも悪いものも自分で精査して成長して欲しいと願います。
そしてそういう子供に育てるのは親の務めです。
表現を規制するということは、その親の務めを投げ出すことではないでしょうか。



この条例、採決は先送りとなりましたがまだ審議は続いております。
「児童ポルノを規制する」という旗頭の下で賛成する勢力も根強いようです。

こんな場末の漫画家のブログで語ってもあまり意味のないことかもしれませんが
ひとりでも危機感を持って議会に働きかけてくれる方がいてくれたら…と
願わずにはいられません。

私自身も非力ながらいろいろと反対の嘆願文を送っております。

どうかこの国から表現の自由がなくなりませんように。


「非実在青少年」規制問題・対策まとめサイトです。
http://hijituzai.ehoh.net/


 2010_03_17




03  « 2017_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

もんでんあきこ

Author:もんでんあきこ
流浪の漫画家。

※当ブログ上の画像の無断転載を禁止します。

※レスは日記に入れたりコメントにいれたり、まとめレスだったり個人レスだったり…たまに忘れたり。(おい)

※不穏なレスや広告目的の記事は見つけ次第削除します。悪しからずご了承ください。

ブログ内検索




.